twitter LINE instagram youtube tel:0564206428
メールでお問い合わせ

名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡の
ペーパードライバー講習なら
愛知ペーパードライバースクール

ブログ
ブログ

2022.04.14

~ブレーキを構えるためには?~ 運転するなら知っておきたい安全運転知識

昨日は、運転者が危険を認めブレーキを踏み実際に速度が落ち始めるまでの反応時間の1秒を事前にブレーキを構えるということで半分にすることができるというお話をさせて頂きました。

本日は、そのブレーキを構えるために何が必要になるのかというお話をご案内させて頂きます。

 

結論を先にお伝えすると、ブレーキを構えるために必要になるのは、危険に対する感受性を持つことです。

危険を発見してからブレーキに踏み替えるのではなく、どこから危険状況が発生しそうなのかという感性を持ち、まだ見ぬ危険を事前に感じ取ることでブレーキの準備を行えるようになるのです。

 

これを危険予測運転と呼びます。皆さんもこの危険予測運転を取り入れることブレーキを構えより安全な運転を行って下さい。

 

それでは、愛知ペーパードライバースクールの服部でした。

本日も、ありがとうございました。

 

 

 

backtoup