twitter LINE instagram youtube tel:0564206428
メールでお問い合わせ

名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡の
ペーパードライバー講習なら
愛知ペーパードライバースクール

ブログ
ブログ

2022.06.29

~平らな場所と下り坂でのブレーキの違いとは?~ 運転するなら知っておきたい安全運転知識

昨日と一昨日で長い下り坂や急な下り坂でフットブレーキを使用しすぎることでそのフットブレーキが効かなくなることまた、そういった状況下に置かれてしまった場合にどのように減速し車を停止させるのかということをご案内させて頂きました。

そして本日は、それを踏まえてそもそも長い下り坂や急な下り坂ではどのように減速を行うのかをご案内させて頂きます。

 

その前に、平らな場所での減速方法をおさらいしていきましょう。

赤信号や一時停止の標識などに従うなど通常の平らな場所での減速方法は、主にフットブレーキを使用して減速を行います。

 

もちろんエンジンブレーキも利用しますが、その役割は補助的なものになります。

特にオートマチック車では、その傾向が強くなります。

一方マニュアル車の場合には、細かなシフトチェンジによりエンジンブレーキの強さを状況に合わせて自身で細かく調節できるため、オートマチック車よりもう少しエンジンブレーキの役割を大きくすることもできます。

いずれにしても、通常の場合ですと先にご説明させて頂いた通り、フットブレーキが主であり、エンジンブレーキが補助的な役割となります。

 

それでは、急な下り坂や長い下りではその配分がどうなるのかを明日ご案内させて頂きます。

 

それでは、愛知ペーパードライバースクールの服部でした。

本日も、ありがとうございました。

 

 

 

 

最新の記事

アーカイブ

backtoup