twitter LINE instagram youtube tel:0564206428
メールでお問い合わせ

名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡の
ペーパードライバー講習なら
愛知ペーパードライバースクール

ブログ
ブログ

2021.07.24

~危険を伴う高速道路上の追い越し方法は?~交通ルールの再確認!高速道路の走行編 その15

交通ルール解説

本日は、高速走行中の追い越しに関するお話です。当ブログを読んでいる方の中には、「追い越しなんて、そんな恐ろしいことしません」という方もいるかもしれません。

ただ何らかの理由でやむを得ず低速走行をしている車があり、その低速走行車を追い越す必要があるかもしれませんので一応ご案内させて頂こうと思います。

 

そもそも高速走行中の追い越しは、大変危険な行為になります。不必要に何度も追い越すことや、無理な追い越しはやめていただきたいと思います。

ではやむを得ず追い越しをする場合にはどのようにすればよいのでしょうか?

 

まずは、追い越し車線の車の動きなど、前方や後方の安全を確認します。その際に、追い越し車線の後続車の位置や速度をしっかり確認しましょう。

高速道路では、極端に速い速度で運転している方もいらっしゃるようです。そういった方が後続から近づいている状態で追い越し車線に入ると無用なトラブルを受ける可能性もあるようです。

 

安全が確認できましたら、合図と再確認そして緩やかに進路変更をして合図を戻します。

その後、最高速度内で前車を追い越していきますが、追い越す車との側方間隔は安全な間隔を保ってください。

前車の前方に出ましたら、左に合図を出し左側の安全を確認します。その際には、追い越した車の全体がルームミラーに映るぐらいまで距離をとってから緩やかに左に進路を変え合図を戻します。

追い越した車の全体がルームミラーに映るぐらいまで前方に出てから戻ることで、相手の方と距離をとり安心を与えることができます。いかがでしょうか、これら一連の操作を高速走行中に行うということで難しく危険が伴うことがお分かりいただけたでしょうか?

 

むやみやたらに行うことがないようにしていただきたいですが、いざというときに安心して行えるようにご理解をお願い致します。

 

それでは、愛知ペーパードライバースクールの服部でした。

本日も、ありがとうございました。

 

backtoup