twitter LINE instagram youtube tel:0564206428
メールでお問い合わせ

名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡の
ペーパードライバー講習なら
愛知ペーパードライバースクール

ブログ
ブログ

2022.06.28

~ブレーキが効かないときの対処法は?~ 運転するなら知っておきたい安全運転知識

昨日は、長い下り坂や急な下り坂でブレーキが効かなくなるフェード現象やベーパー・ロック現象についてご案内させて頂きました。

 

本日は、あってはならない事ですが万が一にそういった 状況に陥った場合にどう対処するのかをご案内させて頂きます。

まずは少しでも減速することを考えできることを行います。オートマチック車もマニュアル車もギアチェンジ(シフトダウン)を行いエンジンブレーキが強く効くようにします。

 

ギアチェンジ(シフトダウン)とは、シフトレバーを「L」や「B」といった表記の場所に移動させることです。

こうすることでエンジンの抵抗を利用したエンジンブレーキを強くすることができます。ただこれでもまだ速度は十分に落ちない可能性があります。

 

そこで、もう一つのブレーキである駐車ブレーキを使用します。これでも十分に減速できない場合には、最後の手段で強引に車を停止させるためにぶつけます。

車をぶつけるなんていう発言は、怒られてしまうかもしれませんが、今回の場合は非常時であり、なおかつエンジンブレーキと駐車ブレーキという自車に残された方法をすべて実施した後のお話です。

 

車自体にもう速度を落とす機能はありません。そのために最後の手段として山側に車体の側面を接触させたり道路脇の土砂などに突っ込んだりすることで強引に停止させてください。

いかがでしょうか?万が一にも長い下りや急な下りでブレーキが効かなくなった際の対処法をご理解いただけたでしょうか?

 

それでは明日は、上記の状況に陥らないためのブレーキの使用方法についてご案内させて頂きます。

 

それでは、愛知ペーパードライバースクールの服部でした。

本日も、ありがとうございました。

 

 

 

 

最新の記事

アーカイブ

backtoup