twitter LINE instagram youtube tel:0564206428
メールでお問い合わせ

名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡の
ペーパードライバー講習なら
愛知ペーパードライバースクール

ブログ
ブログ

2019.11.10

【脱ペーパードライバーのために知っておいて欲しい交通ルール】~危ない?ルール違反?いいえこれが正解です~

先日とあるお客様のレッスン中にこんなことがありました。ある信号の無い小さな交差点に差し掛かった際、私たちの目の前で道路の左側に寄り右合図を出した右折車がいました。

 

私達は、左折をしたいので、左合図を出して道路の左側に寄り目の前の右折車がいなくなるのを待っていました。

その間も、お客様には今から曲がる交差点での注意点や、気にしていただくポイントなどをお話しながら待っていました。

 

すると、私たちの右側から別の車が交差点に近づいてきました。

 

その時にいた道路は、中央線がない狭い道路で、当然右折レーンなどありません。つまり、狭い道路を2台の右折車が左右に並んで道をふさぐという状況が生まれました。

その時お客様は、「危ない車ですね」と、あとから来て道路の右側に止まった右折車に対して、憤りを感じいらっしゃいました。

 

そこでお客様には、状況をきちんとご説明させていただきました。

 

じつは、この後から右折のために道路の右に寄った車は、ルール違反をしていません。むしろルール違反をしているのは、私たちの目の前にいる、道路の左側にいる右折車なのです。

 

実はその時に、私たちがいた道路は、「一方通行」の道路でした。

一方通行の道路から右折する際には、道路の右に寄って右折をするルールになっています。

 

しかし、私たちの前にいる右折車のドライバーさんはそのルールを失念したのか、一方通行の標識を見落としたのかわかりませんが、通常の道路として対向車のスペース確保のために左へ寄った状態で右折をしようとしていたのです。

 

そして、その後ろに私達左折車が止まったため、あとから来た右折車の方は、「左折車が2台左に寄っている」という判断で、「自分は右折だから、道路の右側によって右折しよう」

と行動をしたため、右折車が2台並んだ状況が生まれたのです。

 

きちんとご説明させていただくと、お客様は納得していただけました。

 

この様に道路を運転すると様々なことが起こります。ルール通りに運転しても危ない状況が生まれることもあります。

 

ルールを正確にご理解いただくとともに、それを忘れてしまった方が思わぬ行動をとる可能性も考えていただく必要があります。

 

そういった部分も含めて、レッスン中に様々なお話をさせていただきたいと思います。

 

それでは、愛知ペーパードライバースクールの服部でした。

本日も、ありがとうございました。

こちらから他の記事もご覧いただけます。

ブログ内リンク集 交通ルール編

 

ブログ内リンク集 安全運転編

 

ブログ内リンク集 レッスン日誌編

backtoup