twitter LINE instagram youtube tel:0564206428
メールでお問い合わせ

名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡の
ペーパードライバー講習なら
愛知ペーパードライバースクール

ブログ
ブログ

2019.10.03

【脱ペーパードライバーのために知っておいて欲しい交通ルール】~えっ?これってルール違反なの?いまさら聞けない歩行者信号~

青色の歩行者信号がチカチカと点滅している状況で、歩行者の方が横断歩道に駆け込んできて、その後、歩いて横断していく、街中でこんな光景を見かけたことありませんか?

 

実査に運転中にそのような状況に出くわすこともあるでしょうし、歩行者、自転車様々な立場で道路を通行中に見かけることが多いのではないかと思います。

 

本日は、この歩行者信号についてのご案内させていただきます。

 

歩行者信号とは、人形のイラストが描いてある、青色と赤色の2色の信号のことです。

まずは、歩行者信号青色のみです。こちらは、「歩行者は進むことができます」という意味になります。

 

「進むことができます」というこの表現は、「青信号とはいえ安心しすぎないでください。状況確認をご自身でしっかりしてはねられない様に注意して横断してください」という意味になっています。

 

続いて、歩行者信号の赤色です。こちらは皆様ご存知のいわゆる「止まれ」です。正式には、「歩行者は横断をしてはいけません」という意味になります。

 

歩行者信号は、2つの色でそれぞれこの様に意味があるのです。

 

では、歩行者信号の青色がチカチカ点滅する時の意味は、なんでしょう?

それは、「もうすぐ赤になりますよ、渡りたい方は、急いで横断してください」という意味ではもちろんありません。

 

何となく急かされている様に感じるかもしれませんが、青の点滅信号にはこんな意味があります。

 

「歩行者は横断を始めないでください。横断中の歩行者は、速やかに横断を終わるか、引き返してください」という意味になります。

 

これは、「新たに横断をする方(横断歩道上にまだいない人)はあきらめて、次の青信号まで待ってください。横断中の方(横断歩道上にすでにいる人)は、赤信号になる前に渡り終えられるように駆け足などしてください」という意味になります。

 

といいうことは、冒頭でお話した、状況というのはもちろん信号無視にあたります。

 

そこで本日皆様に、知っておいていただきたいことは、歩行者の方というのは、運転免許をお持ちの方もいらっしゃれば、そうではない方も多くいらっしゃいます。

全ての方が交通ルールをしっかり把握しているわけではありません。悪気がなく、正確なルールに当てはめてみると、結果信号無視でした。

 

そんなこともあります。車を運転中は、本日の様にルール上間違った行動も含めて、相手の思わぬ行動も予測して運転していただくのが安全運転には重要になってきます。

 

それでは、愛知ペーパードライバースクールの服部でした。

本日も、ありがとうございました。

こちらから他の記事もご覧いただけます。

ブログ内リンク集 交通ルール編

 

ブログ内リンク集 安全運転編

 

ブログ内リンク集 レッスン日誌編

backtoup