twitter LINE instagram youtube tel:0564206428
メールでお問い合わせ

名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡の
ペーパードライバー講習なら
愛知ペーパードライバースクール

ブログ
ブログ

2021.02.23

~交差点での右左折と同じ?いいえ実は違う道路外への右左折~交通ルールの再確認!交差点の通行方法編 その8

交通ルール解説

いつもご覧いただきありがとうございます。本日は、道路外に出る際の右左折に関するお話です。

道路外への右左折というと少しイメージがしにくいかと思いますが、簡単にご説明させていただくと、道路から道路脇にあるお店(コンビニなど)や施設(駐車場など)に入るときの右左折と考えていただければと思います。

まずは左折ですが、基本的に交差点の左折の考えと同じになります。左折しようとする際には、まえもってできるだけ道路の左端に寄って徐行して左折を行います。

ただし、左折時に歩道や路側帯(歩道の代わりとなる場所)を横切る場合には歩行者の有無にかかわらず、一度その手前で一時停止しなければいけなくなっています。

歩交者のいる場合は皆さん一時停止されると思いますが、実は歩行者がいなくても一時停止となっているのです。

 

続いて道路外への右折です。こちらも基本的に通常の交差点の右折と同じです。道路外に出るために右折する場合は、まえもってできるだけ道路の中央(中央線がある場合は中央線に寄せておきます。

ただしその場所が一方通行の道路であれば、中央寄せではなく右端に寄せてください。

その後、徐行で右折していきます。この場合も左折と同じく、歩行者の有無にかかわらず、歩道や路側帯を横切る場合は必ず一時停止が必要となります。いかがでしょう?通常の交差点を右左折する場合と、道路外への右左折の違いをご理解いただけたでしょうか?

 

それでは、愛知ペーパードライバースクールの服部でした。

本日も、ありがとうございました。

backtoup