twitter LINE instagram youtube tel:0564206428
メールでお問い合わせ

名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡の
ペーパードライバー講習なら
愛知ペーパードライバースクール

ブログ
ブログ

2019.04.13

【ペーパードライバーが知っておきたいヒヤリハット事例】~ベビーカーの車道への飛び出し~

こんにちは、愛知ペーパードライバースクールの服部です。

 

本日で、12日目のブログ更新です。もうすっかり、ブログを書くのも日課となりました!!

 

はい、すみません。もちろんそんなわけないですね。本日も「今日だけ、頑張る」って思いながら書いています。

 

ですが、今日だけ頑張る作戦、結構いいかもです(笑)。←これは本当です。

 

【ヒヤリハット】ベビーカー飛び出し事件

 

本日私は、お休みをいただきました。

 

当スクールとしては基本的に、お盆や年末年始を除いて休みなしでご予約を承っておりますが、ご予約がキャンセル・変更などがある場合はお休みとなることもあります。

 

と言うことで、本日の更新はこれで終わりです。

 

本日もありがとうございました…

 

としたいところですが、「今日だけ、頑張る」って言った手前それではいけませんよね。

 

本日は、以前「また今度、機会があれば」とブログに書いた、ベビーカーの飛び出しについて書きたいと思います。

 

皆さん『ヒヤリハット』という言葉はご存知でしょうか?

 

簡単に言うと、運転中に「ヒヤッ」としたり、「ハッ」としたりして、交通事故にはならなかったけども、慌ててしまうようなことを言います。

 

今回のお話は、3年ほど前にとある住宅街を運転していて遭遇した「ヒヤリハット」になります。

 

制限速度時速30キロの道路を走行中でした。

 

道幅も狭く対向車もいた状況でしたので、30キロより速度を落として走行していた時、私の目前おおよそ1015メートル前方を左側路地から、赤ちゃんを乗せたベビーカーが横切りました。

 

「あっ!」

 

と思うと同時に、対向車と私は急ブレーキをかけお互い停止。

 

常に飛び出しについては予測はしているので、驚きつつも安全に停止することができました。

 

ベビーカーはそのまま右側の歩道縁石にぶつかり停止しました。

 

その直後に同じ左の路地から、今度は赤ちゃんのお母さんが走って横切りました。

 

この左側の路地は坂になっており、何らかの理由で手から離れたベビーカーが滑走してしまったようでした。

 

「そんなこと絶対にありえない」と思う事でも本当に起きるのだと身をもって体験した出来事です。

 

皆様も運転中は、十分に気を付けてください。

 

本日も、ありがとうございました。

 

※本日の記事は、当時のことを思い出して書きました。そのため、現場の写真がありません。いつか近くに行った際に撮って来ます。

backtoup